2015年6月30日火曜日

第10回ハッピーマンデーズ(後編)

こねこのこころ。

BGMはthe vaccinesでstranger。



最後に演奏したのは太陽はサンシャイン。

文句なしの最後にふさわしいナンバー。しかもほとんど演奏するのは初めての面子の中。アレンジも曲のノリも全然違うのに今までとは違う感動を演奏してて感じた。きっとこのイベントをやっていなかったらこんな気持ちは体験できなかったし、なんだか10回までやってこれたのも今まで来てくれた全てのおかげだな〜としみじみしていたのである。

きっと人生には知らなくても良い事と知ったらもっと楽しい世界といろいろあるけど見事なまでに後者を体験したのだ。

10回ハッピーマンデーズ、全てのみなさんに本当にありがとうございました!!

スペシャルサンクス

ビートモーターズ 骨折 どうしようかなズ 回文ブルース 工藤祐次郎 ハッピージャックス

次は7月!!7月13日月曜日です!!それでは合言葉は…

ハッピーマンデーズ!!


ライブのお知らせ
山路貴澄

7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月13日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェル第11回ハッピーマンデーズ

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折


7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル


 工藤祐次郎レコ発イベント開始はおそらく20時くらいから!!





第10回ハッピーマンデーズ(中編)

こねこのこころ。

BGMはsonic youthで100%。




 後半はあえてしゃべる時間を少し設けた。複数できていたお客さんが多かったので再会を喜ぶ場面やハッピーマンデーズで仲良くなってしゃべっている人達を見てなんだかその会話をライブで遮りたくなかった。

そして一段落したところで3部スタート。

3部はなんとビートモーターズのギターの木村くんとステージに立つ事に。グループ名は阿佐ヶ谷の魔物。

「何できる?」と聞かれて、とにかく何でもやると言った自分。

1曲目はスタンドバイミーを日本語で歌った。その愛の手みたいなギターがめたくそうまくてメインストリームで活躍してる人は凄いのだなと痛感した。

2曲目はギターの木村さんのフレーズに合わせてブルース曲を展開。ファンキーでリズムもかっこ良かったのでそれにいかに酷い歌詞をつけるかに生命をかけた。このバンドは二曲で終わり!

今度は自分がステージに上がり、今度はやってきたハッピージヤックスのベース択ちゃんとどうしようかなズのドラム田中万智さんを誘って三人でラモーンズを演奏。最高なパンクなノリで届けた。

すると今度はチーム阿佐ヶ谷から回文ブルースが乱入。

切ないコード進行で阿佐ヶ谷にあるゲイバー山路、の歌を歌ってくれた。

すると今度はダニオさんとビートモーターズのギター木村さんも参戦してフルバンド編成で曲を演奏する事に。

まずは世界はずっと欲張り。初めて聞く曲のはずなのに瞬時に演奏してくらる木村くんがすごかった。

続いては山路のサンダーバード。

とてもノリノリな展開でみんなでいい空気を作れた。

そして次はダニオさんの蒸しパンという曲を披露。本当にめたくそ良かった。

この辺りからでしょうか?なんだかいろんな曲を演奏してるうちに少しづつお互いの傾向やくせがわかってきてどんどんバンドにノリが出てきたのである。

そう、4曲目はダニオさんの最新曲を今度はバンド編成で演奏。一回みんな聞いた曲だからかノリが完全に合ってバンドとして凄くいい演奏を展開。そしてめちゃくちゃ最高に盛り上がって10回にふさわしい最高にハッピーな雰囲気になった。

やっぱりそんな雰囲気を引っ張ったダニオさん凄いのである。終わった後もこの高揚感の余韻に浸っていた。

もう終わりにしようと思ったら、

「アンコールだ〜.もっとやれー!」

との事。するとダニオさんあの曲をやってくれたのである。

つづく




ライブのお知らせ
山路貴澄

7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月13日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェル第11回ハッピーマンデーズ

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折


7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル


 工藤祐次郎レコ発イベント開始はおそらく20時くらいから!!



第10回ハッピーマンデーズ(前編)



おはようございますこねこのこころです。

今日のBGMはJ mascisでis it done。





昨日は阿佐ヶ谷に来ていた。なんとイベントハッピーマンデーズが第10回!という記念すべき回!!今回はどんな猛者がやってくるのか楽しみ、と会場に到着すると早速多くのお客さんがお出迎え。なんと記念すべき回という事でたこ焼きをご馳走してくれたりして盛り上がっていたのだ。9時になったのでいざスタート!

まずは自分が阿佐ヶ谷マスウェルのテーマソングを熱唱。今回は少しアレンジを変えてヒップホップ風に歌った。

そして2曲目はイベントハッピーマンデーズの歴史の歌。1〜5回までの雰囲気が変わっていく様子を歌詞に盛り込んだ。

3曲目は阿佐ヶ谷マスウェルと自分の出会いの歌。最後にマスウェルと連呼する様子は初期パンクを彷彿させる力強い歌だった。

4曲目は悪魔vsあくま。

めくるめく歌からの切り替えとエレキギターでも表現するを目標に歌った。音量のバランスと声でノリを作るのが難しかったが本当に楽しかった。

5曲目は深夜1時。

ノリでやった4曲の流れを少し休ませるためにも選曲。とても静かにかつ緊張を保つように意識しながら最後まで歌って新しい歌い方も体得して拍手をいただいた。

6曲目はパーフェクトライフ。

数をこなしているからかやっといい感じに歌えるようになってきた。歌の緩急のつけ方に注意した。

私の一部はここまで!

続いてはダニオさんの登場。

なんと骨折のギターこうちゃんとどうしようかなズのドラム田中万智さんも参加の三人編成。

1曲目はto back me baby。切ない曲と夕焼け感が会場を包み、客観的に聞いても良い曲だったのである。

2曲目は現在のダニオさんの最新ソング。本当に切実な歌詞はこちらまで胸が熱くなるものがあってかっこ良かった。

すると今度はなんとスペシャルゲスト工藤祐次郎さんが歌う事に。元々ただ飲みに来ていた工藤さんをわりかしむりくりお願いして歌ってもらう。

凄く良い意味で!良い意味だよ!まるで例えるならば家に置いてある豚の貯金箱のように目立つとかそういうわけではないけどあると落ち着く、そんな素敵な心地よいライブだった。そんなライブの中には実は工藤さんの強いこだわりがあったり、演奏だけで空気を持っていくつよさみたいなものがあって自分にはできない魅力を放っていた。新曲なのかわからないけど2曲目が凄くかっこ良くて最後の三曲目は自分が聞きたかった猫とおばけと台所を披露してくれたのであった。

すると今度の出番はなんとかつて組んでいたバンドハッピージャックスからギターのキースが参戦。なんと七年ぶりのステージで先日急にギター弾きたいからスタジオ入らねえか?の連絡を受けてじゃハッピーマンデーズ来なよ!と誘ったのである。

そんな2人のユニット名はハイアーアンドザサン。

まず1曲目は黒いコーヒー。

ハッピージャックスの中でも人気な曲でこれから7年ぶりでもこっそり練習してたから大丈夫と演奏してくれたのだ。

2曲目はブルースナンバーキングビー。

歌詞は自分が即興で最近の出来事を歌って歌、ギター、と交互に見せ場を作って展開。横で心底楽しそうにギターを弾いてるキースを見て心底このイベントをやって良かったと思った。そんなキースは2曲でおしまい。けれども本当に彼は楽しそうに過ごしていたのだった。

つづく



ライブのお知らせ
山路貴澄

7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月13日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェル第11回ハッピーマンデーズ

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折


7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル


 工藤祐次郎レコ発イベント開始はおそらく20時くらいから!!

2015年6月29日月曜日

雑草みたいにしがみつけ(後編)

こねこのこころ。


BGMはエレカシでおはようこんにちは。




骨折の出番は5番目。

前のエニシズをちょっと見たら楽屋に逃げ込んだ。すると茶を飲みながらくつろいでるベースのももさんとドラムのアキヤマくんがいた。

「お〜!もうよろしくやってんじゃん〜」なんて思いながら楽屋でくつろぐ時間は最近は大好きなのである。

正直、言うと最近個々が忙しくてまともにバンドでスタジオに入れない事やライブの本数が一気に減っている事に憤りを感じていた。例えば普段からマラソンをやってる人があまり走らなくなったらどうなるだろう?それは何かのきっかけで久々に走った時に疲労がどっと出るだろう。そうなるのだけは避けたかったのでずっと弾き語りなどの活動を強めて歌が衰えないようにしていた。

久々のライブ、一体どうなるのだろう?と緊張してステージに立った。

1曲目はあじさい。

久々の骨折の曲をどかん!とやろうじゃありませんか!!と演奏。それはリハーサル同様ダニオさんを始め骨折全体が生き生きしてるようで最高のスタートダッシュをきれた!!

2曲目は愛していると言ってくれ。

正直もう何回この曲をやってるかわからない。もう新曲やろうぜ!とも思うのですがそこはぐっと考え方を変更。客にクイズ形式で次に歌う曲を聞いて場がしまったとこでスタート。同じ曲でも絶対に変化していきたいのである。

3曲目は愛のせい。

ダニオさんの強力なナンバー。この123曲の流れは本当にここ最近のライブで良い流れだったと思う。そこで前半の最高にハッピーな感じを出せた。

さあ、後半のスタート。後半はしっとりからの爆発をモットーに演奏。

4曲目は月はブルージー。

ダニオさんの曲の中でも大好きな一つ。ダニオさんのかっこいいとこって人とはちょっと違うけど全く飾らない言い回しなのである。声のバランスなどに注意しながら楽しく歌った。

5曲目は一夏の恋。

昨日に関してはどんなコンディションであれ、本当にほんとうにやる事に真の意味があった。歌に入って失敗するなよ!声!とか思いながら歌って独特な緊張と客がステージに吸いつく感じを楽しんだ。AメロBメロ、サビ、Cメロ、どれも自分の中で特別な意味があってそれが伝わってるかどうかお客さんと一緒に何かに向かっていく事が大切だと思った。

そして最後の方はもう声もバテて出にくくなった。きっとメンバーは自分の事をろくに歌も歌えないダセエ奴だと思っただろう。でも、どんなに見下されても良いからここはこの瞬間だけは自分に作らせてくれ!と最後のサビに全ての声の力を集結させた。それがどうお客さんに伝わったかわからないけど自分は日のためにこの曲を作ったのかもな!と思った。

6曲目はミステリーサークル。

骨折はリフものとかオルタナ感が少ないので自分の中では久々にロックな感じも出したいと選曲。横で踊ってるダニオさんは最高だしこうちゃんも最高だし、ひたすらベースを弾くももさんも最高だし、ドラムのアキヤマくんも最高なのである。

特に今回は声のグルーヴと最後のベースももさんの紹介からの高揚感に注意した。

6曲はあっという間に過ぎて、久々にああライブをした!という爽快感になった。にしてもやっぱりバンドのライブは弾き語りとは全然違うのですね〜。どんなに弾き語りで経験を積んでもそれは全くの別物でそんな音楽にほれちゃった自分だからまた反省して雑草みたいにもっと良いライブしてやるこの畜生と思うのである。多くの悔しい思いと反省をして帰り道は小石を蹴りながらなんだか本当に悔しいなと思った。

そんなわけで次の骨折フルメンバーでのライブは7月4日土曜!阿佐ヶ谷マスウェルにて工藤裕次郎さんのレコ発に出演です!!

とても楽しみ!罵られても起き上がってやんぜ!イエーイ!!新しく来てくれたお客さんを含め、本当に昨日はありがとうございました!!!



ライブのお知らせ
山路貴澄

6月29日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェルハッピーマンデーズ
7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折


7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル

雑草みたいにしがみつけ(前編)



おはようございますこねこのこころです。

今日のBGMはあがた森魚さん




昨日はジャジャーン!と久々に骨折フルメンバーでのライブという事で吉祥寺シルバーエレファントに集結した。

まず1番手はthe watter。

以前イベントでも見てシンプルな曲でも思わず口ずさんでしまうその構成は狙ってやってるのか?とか思わず見てしまった。とてもかっこ良くて特にドラムがパワフルで見てるだけでもパワーをもらった。

2番手はメメタァ。

弾き語りでも凄いと思ったけどとても声が通るのだ。その高い声は他の楽器とかぶらずにしっかり聞き取れるのが本当に羨ましかった。

3番手は秋葉くん。

今回のイベント唯一の弾き語りなのでどうなのか楽しみだった。結果やはり凄くて曲で使う独特なコードとしっかり聞き手に伝えたい歌詞とかがばしっとして楽しかった。

4番手はエニシズ。

リハーサルから凄かったのでもうここは!と思って楽屋に逃げた。

6番手パインズマインズ。

さすが!!もう先月企画ライブからわかったのは表現が確立している事。どんな曲がどんな順番になってもその曲の持ち味、メンバーの良さを最大に良く見せる術を知ってるというか…アンコールまで起きて本当に凄かったのである。

さあ、そんな骨折は5番目の出番だった。

つづく


ライブのお知らせ
山路貴澄

6月29日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェルハッピーマンデーズ
7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折


7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル


2015年6月28日日曜日

日帰り東京ツアー2日目



おはようございますこねこのこころです。

今日のBGMはbob dylanでthe man in me。


昨日は骨折路上ライブ!!と思い会場の中野サンプラザ前に行けば誰もいなかった模様。なのでこれも修行と思い、1人で路上ライブをする事に。

まずは思いついた新曲から。爽やかな曲調と素朴な歌詞で中野がフォーク酒場と化した。

次はミステリーサークル。1人でグルーヴを作ろうとメトロノームを聞いたり聞かなかったりしてノリをだした。そしてまた考え中の新曲も挑戦。すると道路から何やら声が。

黒い車の中から窓が開いたと思ったらちょっといかついにーちゃんが、

「あ、何?やってんの?もっとやってよ!」

と絡んできた。やばいこのままやってるとあのにーちゃんに金とか取られるのでは?と思い、私は逃げる事にした。

というわけで続いて向かったのはここ!中野フローチャート!!

普段は骨折こうちゃんのイベント音チャでお馴染みの場所だがそれ以外の目的で来たのは初。ここに7時28日のイベントルビーチューズデーのフライヤーを置かせてもらうよう交渉に来たのだ。

店内に入るとマスターと奥さんがお出迎え。せっかくだから一杯飲んで行く事に。バーカウンターに座って生を注文。念願の初1人バーデビューを果たしたのである。

椅子に座りながらあらゆる自分の下らない話に付き合ってくれるマスターと奥さんはさず長年この店に立ってるだけあってコミュニケーションの猛者なのだった。

さあ、そんな自分、なんだか歌い足りないと思い練習した後にやってきたのは練馬駅!!

ここでは一夏の恋を歌い、深夜1時を歌い、最後はズーイデシャネルを歌ったのである!!

そして本日は吉祥寺シルバーエレファントで骨折ライブです!ウォーターや秋葉くん、パインズマインズも出る強力なイベントとなっております!!



ライブのお知らせ
山路貴澄

6月29日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェルハッピーマンデーズ
7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折

6月28日 日曜 吉祥寺シルバーエレファント

7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル


2015年6月26日金曜日

秋葉原good man



おはようございますこねこのこころです。


昨日はここにやってきた。ジャン!秋葉原!!ここでAKBのライブでも見に来たのか??いや違います(笑)昨日はクラブグッドマンという大きなライブハウスにイベントを見にやってきたのだ。


まず1番手はババカヲルコさん。


ステージにでっかく用意されたグランドピアノのから織りなす音は普段のライブハウスとは違う緊張感を味わった。1.2曲目は新曲が続き、中盤は飛ばないのに羽田、すいかなどヒット曲も披露。やはり前奏間奏で作るピアノでの表現力は圧倒だった。最後は月夜にトカゲで終わり、後半はダンカンバカヤローというオルタナバンドとのコラボ。


こわれた街、教えて晩御飯などをバンドサウンドで披露。特に晩御飯の歌はAメロの緊張からのサビの広がりがかっこ良く、やはりバンドで変化していく曲もあるのだなと勉強になった。


つづいてはメヒカブレスタンダード。


40代とは思えないボーカルの謎の生物ぷりとドラムはフロアタムとタンバリンだけで演奏なのが印象的だった。そして声がとてもかっこ良く、
どこかただ者じゃない気がした。


つづいては楽しいよふかしさん。


3ピースの生粋のオルタナバンドでギターソロの音とかもかっこ良くてさすがタワレコで売られてる猛者だなと思った。3ピースって見てて軽いフットワークと物語を作るのが鍵なのか?と勝手に想像した。


つづいてはシャイガンティさん。佇まいがすでにかっこ良くて猛者。3ピースは絵になるなと思った。


さて、話は変わりますが最近ある映画を見た。安藤サクラさん主演の100円の恋。


ニートみたいな生活した主人公が家を出てバイトしてそこから徐々に何かが変わって恋をして悔しい思いをしてボクシングをする話。


ここ数年でここまで心の底からかっこ良い女優はいねえんじゃないかってくらいとにかく安藤サクラさんの魅力が詰まった映画。


前半のニートの場面は本当に気持ち悪いし、中盤のバイトしてる感じや同僚とかもなんかわかるし、後半のボクシングにのめり込んでいく感じは本当にこの主人公は実在するんじゃないかって熱演ぶり。汚い女の表情はみるみる変わってそれに伴う行動の変化にも頷ける凄みを感じた。しかも実際役のためにとても太って数週間でボクシングの身体まで痩せたその入れ込みに魂を感じた。レイジングブルのデニーロ師匠のように体当たりな演技に心底惚れてこりゃ通りで世間で評判になるわけだ!!と見ながら終盤は号泣してた。最後の、


「勝ちたかった」


その最後の言葉が安藤サクラさんの演技によってより重みが増すという見事な感じになっているのである。



さて明日はいよいよ骨折のライブ!!こっそり練習してた成果を試すのである!




ライブのお知らせ
山路貴澄

6月29日 月曜 阿佐ヶ谷マスウェルハッピーマンデーズ
7月2日 木曜 八王子パパビート
 
7月11日 土曜日 渋谷wasted time アカリノート企画!!!!!

7月28日 火曜日 渋谷ラッシュ 超大イベント
 「ruby tuesday」
8月5日 水曜 西荻窪アートリオン

8月13日 下北沢ブレス

8月27日 木曜日 新高円寺スタックスフレッド

骨折

6月28日 日曜 吉祥寺シルバーエレファント

7月4日 土曜 阿佐ヶ谷マスウェル